瞳孔

ハーバード医大(HMS)の研究によれば、普通のコーヒーと比較して1日2杯以上はカフェインレスのコーヒーを飲用することで、驚くことに直腸がんの発症リスクを約52%減らせたとのことだ。
気分障害の一種であるうつ病では脳の中の神経伝達物質の「セロトニン」が不足した結果、憂うつ感、不眠、著しい倦怠感、疲労感、食欲不振、体重減少、強い焦燥感、極端な意欲の低下、希死念慮、自殺企図などの様々な症状が心身に現れるのです。
薄暗い所だと光不足によって見えづらくなりますが、より一層瞳孔が開くので、目のピントを合わせるのに余分な力が消費され、明るい場所で物を眺めるより疲れやすくなるのです。
基礎代謝量は睡眠中ではなく覚醒状態で命を維持する(心臓、口からの呼吸、腎機能の働き、体温や筋緊張の維持等)ために要る最低限のエネルギー消費量のことを言います。
ともすると「ストレス」というものは、「溜めてはいけないもの」「取り去るべき」と考えがちですが、実際は、我々人間は様々なストレスを経験しているからこそ、活動し続けることができています。
自動車事故や建築現場での転落事故など、とても強い負荷がかかった場合は、複数個所に骨折が齎されたり、骨が外部に突出する複雑骨折となったり、加えて臓器が負傷することもあるのです。
高熱が特徴のインフルエンザに合った予防テクニックや病院での手当といった類の原則施される措置そのものは、それが例え季節性インフルエンザであっても新たに発見された新型インフルエンザでも同じなのです。
鍼灸用のはりを気になる所に刺す、という物体的な程よい複数の刺激が、神経細胞を目覚めさせて、神経インパルスという通称の要は電気信号の化学伝達を誘引すると言われています。
開放骨折して大量に出血してしまった際、急に低血圧となって眩冒や冷や汗、嘔吐感、顔面蒼白、座っていても起こる意識消失などの色々な脳貧血症状が誘引されるケースもよくあります。
陰金田虫とは、医学的には股部白癬(コブハクセン)と言い、カビの一種の白癬菌が股部や陰嚢、臀部などの部分に何らかの理由で感染、定着した感染症であり即ち水虫のことです。
様々な花粉症の症状(水っ洟、鼻づまり、連発するくしゃみ等)のために夜間しっかり眠れない場合、そのために睡眠不足になり、翌朝からの諸活動に芳しくないダメージを与えるかもしれないのです。
内臓に脂肪が多い肥満と診断された上で、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の摂取などによる「高血圧」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2個以上合致するような健康状態を、内臓脂肪症候群、またの名を「死の四重奏」と言っています。
必要な栄養素を網羅した食事や運動は当然のこととして、心身双方の健康や美を目的として、欲しい栄養を補うために複数のサプリメントを摂る事が一般的なものになっているのです。
ポリフェノール最大の作用は水溶性であるビタミンCやトコフェロールなどとは性質が違い、細胞の間の水溶性部分に脂溶性部分、そして細胞膜でも抗酸化作用を発揮するのです。
子どもの耳管は、大人の耳管に比べると太目で短めで、尚且つほぼ水平になっているため、雑菌が潜り込みやすくなっているのです。乳幼児がよく急性中耳炎を起こすのは、この構造が関係しています。