感覚

鍼灸用のはりを刺してもらう、という直接的な何か所もの刺激は、神経細胞を活発にし、神経インパルスと称されるいわば電気信号の化学伝達を発生させると言われているのです。
脚気(かっけ)の症状としては、両手両足がジンジンと痺れるような感覚があったり脚の著しいむくみなどが中心で、進行すると、最悪の事態では呼吸困難に陥る心不全などを呼び込むことがあるようです。
何か物を食べる時は、次に食べたいと思った物をなんとなく口に運んで何度か噛んで嚥下して終わりだが、その後も人体は実にまめに活動し異物を身体に取り込む努力をし続けているのだ。
ヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨の間で緩衝材みたいな役割をする椎間板(ついかんばん)という柔らかくて円い形をした組織が飛び出た症例のことを表します。
ミュージックライブの開催されるスペースや踊るための広場などに設置されているとても大きなスピーカーのすぐ横で大きな音を聞き続けて難聴になる症状を「音響外傷」と呼ぶことをご存知でしょうか?
基礎代謝(BM)とは人間が何もせずにじっとしていても使うエネルギー量であり、大半を体中の骨格筋・最大の内臓である肝臓・頭部の脳の3種類で占めるということはまだ広くは知られていません。
マスクが欠かせない花粉症とは、山林のスギや檜などの大量に飛散する花粉が原因物質となって、くしゃみ・目のかゆみ・鼻詰まり・鼻水などの辛くて不快なアレルギー症状を主訴とする病気だということができます。
陰金田虫(インキンタムシ)という病気は20代〜30代の比較的若い男性に多く見られており、ほぼ股間部だけに広がり、体を動かしたり、風呂に入った後など体が温まった時に強烈な掻痒感が訪れます。
ジェネリック医薬品(generic drug)は新薬の特許が切れてしまった後に販売され、新薬とまったく同じ成分で自己負担分を低くできる(クスリの金額の安価な)後発医薬品のことを指しています。
下腹部の疼痛をよく起こす代表的な病には、虫垂炎と間違うことの多い大腸憩室症、腎や尿管などの尿路結石症、特定疾患に指定されている潰瘍性大腸炎、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、女性性器の疾患などが真っ先にみられるでしょう。
なんとなく「ストレス」というのは、「溜めてはいけないもの」「除去すべきもの」ものとされていますが、実を言えば、私たちヒトは様々な場面でストレスを経験するからこそ、生活し続けることが可能になっているのです。
もし婦人科の血液検査で現時点でのエストロゲンとゲスターゲンの量が基準値よりも足りなくて早発閉経(POF)だと判明した場合、不足している分の女性ホルモンを補填する医術で良くなることができます。
高齢化による耳の聞こえ辛さは段々聴力が低下していくものの、多くの場合は還暦過ぎくらいまでは耳の衰えを確信を持って自認できないのです。
抗酸菌のひとつである結核菌は、菌を持っている人が「咳」をすることによって外気や内気の中に振りまかれ、空中でフワフワ浮かんでいるのを違う誰かが吸い込むことにより感染していきます。
道路交通事故や山での転落など、とても大きな力が体にかかった場合は、複数の箇所に骨折が発生したり、骨が外部に露出する複雑骨折となったり、加えて内臓が損壊することもままあります。