活動をキープ

スギ花粉が飛ぶ時に、乳幼児が体温はいつも通りなのにクシャミやずっと鼻水が止んでくれない状況なら、その子は『スギ花粉症』の可能性があります。
ものを食べるという行為は、次に食べたいと思った物を気軽に口に入れたら約20回噛んで飲み込むだけに思われがちだが、その後体は実に健気に動き続けて食物を体に取り入れる努力を続けているのだ。
体を動かすのに必要なエネルギーの源として速攻で役立つ糖分、細胞の新陳代謝に欠かせない蛋白質など、行き過ぎたダイエットではこのように活動をキープするために絶対欠かせない重要な栄養分までも減少させてしまう。
頸椎などが痛むヘルニアは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)と呼び、背骨と背骨の間に存在して緩衝材に近い役割を持っている椎間板(ついかんばん)という名のやわらかい円形の組織が突き出た症状のことを称しているのです。
「肝機能の悪化」は、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-GTP(ガンマGTP)など3つの数値で診れますが、ここ数年の間に肝臓の機能が落ちている現代人の数が明らかに増加していると言われています。
めまいは診られないのに、しつこく不快な耳鳴りと難聴の2つの症状を複数回発症するケースを区分けして「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール(メニエル)病」という呼称で呼ぶ場合がままあります。
汗疱状湿疹とは手の平や足裏、または指と指の間などに細かい水疱が出る症状で、通常はあせもと呼び、足裏に出ると水虫と早とちりされることが結構あります。
必須栄養を万遍なく含んだ食事や運動はもちろんですが、全身の健康やビューティーアップを目的とし、食事の補助として様々なサプリを摂取する行為が標準になったようなのです。
緊張型頭痛というものはデスクワークなどでの肩凝り、首凝りが因子の日本人に多い頭痛で、「まるで頭をギューっと締め付けられるような強い頭痛」「頭が重苦しいような鈍い頭痛」と言い表される症状が特徴です。
陰金田虫(いんきんたむし)とは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)という名称で、カビの一種の白癬菌が股部、陰嚢、臀部などの部位に何らかの理由でうつり、定着してしまった病気の事であり簡単に言うと水虫のことです。
20代、30代で更年期がやってきたとすれば、医学的には「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」という病気のことを指します(日本の場合は40才以下の女の人が閉経してしまう状態のことを「早発閉経(early menopause)」と呼んでいるのです)。
AED(Automated External Defibrillator)とは医療資格を有しない普通の人にも使う事のできる医療機器で、AED本体からの音声ガイダンスに応じて扱うことで、心臓の心室細動に対する緊急処置の効果をみせてくれます。
普段から横向きの状態でテレビを眺めていたり、片手で頬杖をついたり、踵の高い靴等を毎日履いたりといった癖や習慣は肉体のバランスを悪くしてしまう元凶になります。
様々な花粉症の緒症状(鼻みず、酷い鼻づまり、くしゃみなど)のせいで夜間よく睡眠を取れないと、それが引き金となって慢性の睡眠不足に陥り、翌朝からのすべての活動に良くない影響を及ぼすことも考えられます。
バイ菌やウィルスなど病気を招く微生物、即ち病原体が肺へ侵入して罹患してしまい、肺の中が炎症反応を呈示している有様を「肺炎」と総称しています。