健康な人

「体脂肪率(body fat percentage)」とは、体内における脂肪の付いているパーセンテージのことを指し、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪量÷体重(body weight)×100」という計算式によって表すことができます。
胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、4〜5日くらいちゃんとお薬を飲めば、原則、約90%の患者さんの自覚症状は消えますが、とはいえ食道の粘膜の炎症反応自体が完全に治癒したわけではないので気を付けましょう。
期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康な人にも現れることがあるのでさほど難しい心臓の病気ではないにせよ、発作が幾度も続いて出るケースは危ない状態です。
ジェネリック医薬品というものは新薬の特許が失効した後に市場に出回る、まったく同一の成分で負担の小さい(クスリの価格が高価ではない)後発医薬品のことを意味しています。
感染症のポリオを予防する不活化ポリオワクチンは、従来の生ワクチンに変わり、平成24年9月より原則無料で接種できる定期接種になるため、集団接種ではなく病院などの医療機関で接種してもらう個別接種という形に変わりました。
薬やアルコール、合成発色剤を始めとした食品添加物などの物質を特殊な酵素によって分解し、無毒化する作用の事を解毒(げどく)と称しており、多機能な肝臓の果たす非常に大切な機能のひとつなのです。
亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質を合成させるために欠かせない特殊な酵素や、細胞や組織の代謝機能に関わっている酵素など、約200種類以上の酵素を構築する成分として絶対に外せないミネラルなのです。
セロトニン(5-HT)神経は、自律神経のメンテナンスや痛みを抑制し、色々な覚醒などを司っており、大うつ病の患者では作用が鈍くなってることが分かっているのだ。
AEDというものは医療資格を持たない普通の人にも扱うことのできる医療機器で、本体からの音声ガイダンスの手順通りにケアすることで、心臓の心室細動の緊急処置の効果を患者にもたらします。
脚気(かっけ)の症状は、両手両足が麻痺したり下肢の浮腫みなどが典型で、病状が進行してしまうと、最も重症のケースでは呼吸困難に至る心不全なども連れてくる可能性があるそうです。
アメリカやヨーロッパ諸国では、新しく開発された薬の特許が満了した約30日後、市場の約8割が後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)に取って代わる薬もあるというくらい、後発医薬品(こうはついやくひん)は地球上に知られています。
HIV(ヒト免疫不全ウイルス)を有している精液、血液を始め、女性の母乳や腟分泌液といったあらゆる体液が、看病する人や交渉相手などの粘膜や傷口等に触れると、HIV感染の可能性があります。
ポリフェノール最大の特長は水溶性のV.C.(ビタミンC)や脂溶性のV.E.などとは性質が異なっており、細胞の間の水溶性部分、脂溶性の部分、細胞膜でも酸化を遅れさせる効果をいかんなく発揮するのです。
通常の場合は骨折はしない程度のごく僅かな力でも、骨の一定の部位だけに幾度も持続的にかかることによって、骨折に至る事もあり得ます。
国民病ともいわれる花粉症とは、山林の杉やヒノキ、マツなどの大量の花粉が原因物質となって、くしゃみ・目のかゆみ・ノドの痛み・鼻みずなどの色々なアレルギー症状を引き起こす病気として広く認識されています。